【考察】霊はどうして水辺に集まるのか

怖い話

前世占い師の立花です。今日は幽霊と水のお話。

霊と言うのはとかく水に集まりがち

海や川、湖。霊は水辺に集まりやすい。というのは皆さんご存じだと思います。

確かに海、川、湖で亡くなる人はいます。でもお盆とか川すごいですよ。霊が。

「盆には水辺に行くな。連れていかれるぞ」

と祖母がよく言っていましたが・・・。それじゃなくてもいる。怖い。

霊のたくさんいる水辺でバーベキューやキャンプなんてよくできるなーと思います。

知らぬは生者ばかりなり。

やっぱり三途の川など川が境界になるから?

川は何かと何かを隔てる境界線となります。三途の川はこの世とあの世を分ける境界として有名ですよね。

海外にも似たような話があったはず・・・。

全く関係ない話なんですけど、ドラクエIIIは川にかかった橋を渡るとモンスターが強くなったものです。川がモンスターの境界線・・・。

土地を分けるためにも川はよく使われたようです。

あの世とこの世の境界に三途の川がある。だから霊は水辺に惹かれるのかな?

水はスピリチュアル的に媒体になる?

水って記憶や何かを「貯めやすい」ように思います。水そのものの力と言うより、媒体としての力が強いのではないかと。

霊の持つ感情や記憶を増幅させて、この世にとどめておく媒体として作用しているのではないか。

と思うわけです。霊の力ももしかしたら、増幅しているのかもしれません。

水辺には気を付けて

霊がいることも多いですが、例の力や感情を増幅するのが水だとしたら水辺危ないですよね。

清流の源流(沸いたばかりのピュアな水)には何もいなかったり、いても自然霊ぐらいですが・・・。清流と言われても川になってしまうと、いろいろ雑多なものが集まってきます。

皆さんも水辺には気を付けてください。

どんな霊がいるとも限らないのですから。私の家はプールにもいきません。

泳いでいる人が全員〈生きている人〉とは限らないのですから・・・・。

 

タイトルとURLをコピーしました