【神の本音】神に好かれるあなたになるために。神社では願いを言うなかれ?!

前世占い師の立花です。今日は神の本音についてお話しましょう。

日本はとても恵まれているんですよ。

多くの神社に神様がいらっしゃるから。

そんな恵まれた日本人は神社に年一、二回しか行かない。

願い事を言う。ともったいない人が多くいます。

今日は神様に好かれて人生がハッピーになる。

そんな神社参拝の仕方についてお話したいと思います。

神前であなたはどうしていますか?

神社に行くと、あなたは何をしていますか?

「恋人欲しい!」

「宝くじ当たれー」

と、数円のお賽銭で色々な願いをしていませんか?

願い事。神社に行くとほとんどの人が願い事を神に向かって言うと思います。

わかりますよ。私だって言いたいもの。

でも神の立場ならどうでしょう。

毎日毎日来てくれるならいいでしょう。

でも年に数回の訪れで、

「これでもかっ」

というくらい願い事を聞かされる。

一人や二人ならまだいいですよ。

年始なんてたくさんの人たちの願い事が、呪文のように溢れます。
神だってうんざりですよね。

「はいはい」

ってなりますよね。あなたならなりませんか?

神にうんざりされない祈り方とは

年一回イベントにしか来ないのに、しこたま願い事を言う。

みたいな人の願叶えてあげたいですか?

私は嫌です。神もうんざりしていることでしょう。

なので神社に行った時は願い事を言わず、

○○から来ました。〇〇と申します。よろしくお願いいたします

と、挨拶だけにとどめる。または

「守っていただいてありがとうございます。無事過ごせております」

とお礼を言う。

出来るだけ頻繁に通う。頻繁に通うことで自分を覚えてもらう。

ことが重要となってきます。

神にだって感情があるんです

+挨拶をされると、見守ってあげたくなりますよね

+お礼を言われるとなんだかうれしくなる

神だって感情がある存在。心があるなら心理戦です(!?)

人間にとって神はとても遠い存在になり果てました。

でも神は本来とても近い存在なのです。

特に日本は多神教で色々なところに神が宿っているのですから。

これってすごく幸運なことなのですよ。

願いを口に出して言霊の力を借りる。のは日々の生活の中で行えばいいこと。

神社ではそれはやらないで・・・聞いてないから。神も。

神に好かれたいなら、ご挨拶とご報告をメインにしてみてくださいね。

きっと守ってくれるようになりますよ。

 

タイトルとURLをコピーしました